女性画像

HOME | SITEMAP

レーザートーニングを渋谷で TOP › リスク

レーザートーニングのリスク

今まで治療が困難とされてきた肝斑やしつこいシミに効果的であると最近話題となっているレーザートーニング。
レーザートーニングは、治療の際に出血したり、傷跡が残ったりする心配がなく、レーザー光線も安全な赤外線や可視光線の領域の波長のものを使用しています。
痛みも少しパチパチっとするくらいで、痛みに弱い方にでも安心です。
また、ダウンタイムがほとんどないため今までダウンタイムのせいでシミ治療に踏み切れなかった方やシミ治療に時間をあまり割くことができない方などに大変お勧めです。
副作用もほとんどないので安心ですね。

レーザートーニングは、今まで治療が困難だった肝斑や消しにくいシミに効果があるだけではなく、これまでに数ヶ月を要したシミの治療法よりも短時間で効果が期待できます。
また、くすみや色のムラにも効果が期待でき、毛穴の開いてしまった状態のお肌にも効果的です。

このように、レーザートーニングにはメリットがたくさんありますがリスクも頭に入れておく必要があります。
レーザートーニングに関するリスクはあまりないようですが、あえて挙げるとするなら、少しの痛みを伴うことと施術後のかさぶたくらいです。
レーザートーニングもレーザーを当てて施術を行いますので無痛とはいきません。しかし、パチパチっとするくらいの少しの痛みで済みます。ほとんどの人は大丈夫だとは思いますが、もしそれでも痛いようであれば出力を下げることもできるようです。
施術後のかさぶたはお肌が再生している証拠ですので、化粧でカバーし、触らないようにしましょう。他にもニキビが一時的に増えたりすることもあるようですがあまり気にしなくてもいいようです。