女性画像

HOME | SITEMAP

レーザートーニングを渋谷で TOP › メカニズムについて

レーザートーニングのメカニズム

肝斑でお悩みの方、もう消えないと諦めてはいませんか?
肝斑は、30~40代の女性に多くみられるシミの一種で、目の下以外の頬の高い位置に左右対称にできるのが特徴です。少し赤みを帯びた黄褐色のような色をしています。
肝斑は広範囲にわたってできやすいため、化粧ではなかなか隠せないくせものです。肝斑で悩んでいる女性は大変多く、自宅でのセルフケアではシミ治療は困難です。

そんな肝斑にお困りの方にお勧めのシミ治療をご紹介します。
それは、レーザートーニングというシミ治療法です。レーザートーニングとは、従来レーザー治療では施術が禁止されていた肝斑に対する利用が可能となった方法で、しつこいシミや肝斑に効果的な治療法となっています。

レーザートーニングは、メドライト(MedLite)というQスイッチYAGレーザーというレーザーを使用します。今までの肝斑を改善する治療として利用されてきたトラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEなどの服用や外用、イオン導入といった治療法より効果が期待されます。

レーザートーニングで使用するメドライトは、広範囲にマイルドな出力でレーザーを均一に照射することができるため、メラニンを作るメラノサイトを活性化させる余計な刺激を与えずにメラニンを少しずつ減らしていくことができます。
レーザートーニングの施術を数回行えば、メラニンの量も減り、透明感あふれる美しいお肌へと生まれ変わることができるのです。

フェミークリニック渋谷院ではそんな画期的なシミ治療を安心して受けることができます。
まずはフェミークリニック渋谷院でカウンセリングを受けてみましょう。