女性画像

HOME | SITEMAP

レーザートーニングを渋谷で TOP › レーザートーニングに向いている人

レーザートーニングに向いている人

レーザートーニングに向いている人とはどんな人なのでしょうか。

レーザートーニングとは、メドライト(MedLite)と呼ばれるQスイッチYAGレーザーを使用したシミ治療法の一つです。シミやくすみ、そばかす、色のムラ、毛穴の開き、そして今まで治療が困難だった肝斑に効果的な治療法です。

レーザートーニングは、肝斑やしつこいシミでお悩みの方に向いているシミ治療法だと言えるでしょう。
肝斑とは、薄い茶色がかったシミで30~40代の女性に多くできるシミの一種です。通常のシミの原因でもある紫外線などを外部から刺激として受けていることや毛細血管の拡張、女性ホルモンが関係しているとも言われています。
肝斑の治療は間違った方法で行ってしまうと症状が悪化してしまうこともあるようですので注意が必要です。
医師の診断の元、治療を行うよう心掛けましょう。

肝斑の治療は今までビタミンCやビタミンEなどの内服または外用、イオン導入などによる治療法が主流でした。レーザー治療や光治療は、メラニンを作るメラノサイトと呼ばれる物質が少しの刺激で活性化し、肝斑が悪化してしまう可能性があったため治療ができませんでした。
しかしレーザー治療や光治療とは違いレーザートーニングは、メドライトが広範囲にマイルドなレーザーを均一に照射することができるので、メラノサイトに余計な刺激を与えずにメラニンを減らしていくことができます。

今まで色んな方法を試して効果が見られなかったという肝斑にお悩みの方は是非レーザートーニングをご検討ください。