女性画像

HOME | SITEMAP

レーザートーニングを渋谷でするなら渋谷フェミークリニックで

肝斑でお悩みの方は是非渋谷フェミークリニックのレーザートーニングをご検討ください。
肝斑とは、顔にできる薄茶色をしたシミの一つで、30代~40代の女性に多く見られます。両頬やおでこ、鼻の下などに左右対称にできるのが肝斑の特徴です。女性ホルモンが影響していると考えられていて、妊娠中や出産、更年期などの時期にできてしまうことがあります。
また、紫外線も十分に関係しているので、紫外線がよく当たる部分に肝斑ができてしまいます。

肝斑には、ビタミンCやビタミンEの摂取、ケミカルピーリング、美白用の化粧品などを塗る方法が一般的ですが、即効性はなかなか期待しづらいのが現実です。また、肝斑だと判断することも医師ではないと難しい場合があるとされています。

そんなやっかいな肝斑に効果的なシミ治療法があります。それがレーザートーニングです。
レーザートーニングでは、肝斑はもちろんその他のシミやそばかす、くすみなどの治療も可能なシミ治療法です。レーザートーニングは、今までシミ治療専用のレーザーでは消すことが困難とされてきた肝斑にとても効果的です。
懸念要素でもあったダウンタイムもほとんどないため、シミ治療に時間がかけられないという方やシミ治療に不安を持たれている方でも安心して施術を受けることができます。

渋谷フェミークリニックにはレーザートーニングを安心・安全に受けることができる環境が十分に整っています。
是非渋谷フェミークリニックをご利用ください。

渋谷フェミークリニックのオフィシャルサイトはこちら