女性画像

HOME | SITEMAP

渋谷で肝斑(かんぱん)治療!おすすめなのはフェミークリニックのレーザートーニング!

レーザートーニングを渋谷でするならフェミークリニック渋谷院で決まり!

年齢を重ねるごとに増えていくしみにお悩みの方はとても多いです。特に、治しにくいのが肝斑(かんぱん)。肝斑とは、顔にできる薄茶色をしたしみの一種です。目につく位置にできて、老けた印象になってしまうので30代~40代の多くの女性のお悩み原因になっています。
肝斑治療は通常のしみと同じ方法でおこなっても症状を改善することはできません。それどころか、症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。では、一体どのような治療法が有効なのでしょうか?
肝斑治療に高い効果が認められるのがレーザートーニングという比較的新しい治療法。このサイトでは、レーザートーニングのメリットやメカニズム、リスクや費用に至るまでのさまざまを分かりやすく解説いたします。
肝斑のお悩みから解放されたい方で渋谷での治療をお考えの方は、短期間で抜群の効果が期待できるフェミークリニック渋谷院のレーザートーニングをご検討ください。

では、まず肝斑について詳しく見ていきましょう。

<肝斑とは>
肝斑とは、皮膚にできるしみの一種です。ほとんどが顔面(頬、まぶたの外側、おでこ、鼻の下、あご、エラ部分など)にでき、左右対称に発生するのが特徴です。一般的なしみよりも治りにくく、特別な治療が必要です。

<肝斑の原因>
では、肝斑はなぜできてしまうのでしょうか?肝斑ができてしまう原因は、実はまだはっきり特定できていません。しかし、女性ホルモンのバランスが崩れることやストレスなどが影響していると考えられています。そのため、肝斑に悩んでいる人は男性より女性の方が圧倒的に多いです。また、高齢者にはほとんど見られないのも肝斑の特徴です。

<肝斑ができやすいタイミング>
肝斑ができやすい時期としてよく言われるのが、ホルモンバランスが崩れやすい妊娠出産の時期。経口避妊薬を使用している期間や更年期の時期にも肝斑ができやすいよう。睡眠不足や食生活の乱れなどもホルモンバランスを乱す原因になるので気をつけましょう。
また、ストレスも大敵。近年、若い人に肝斑が増えているのはストレス社会が原因だと考えられています。

<肝斑の予防>
できれば肝斑ができないようにしたいもの。予防するためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

・規則正しい生活習慣や食生活を心掛ける
肝斑の原因となるホルモンバランスの乱れやストレスは、規則正しい生活や食生活を心掛けることで、ある程度防げます。バランスの良い食事は何よりも大切。大豆イソフラボンはホルモンバランスを整えてくれる働きがあるので積極的に食事に取り入れましょう。その他、ゆっくりお風呂に浸かる、十分な睡眠を取ることも重要です。暴飲暴食やタバコなどもホルモンバランスを崩す原因になるので気をつけましょう。

・紫外線対策
肝斑の主な原因は、ホルモンバランスの乱れやストレスですが、しみ全般の最大の原因である紫外線も無関係ではありません。紫外線はメラニン色素を活発化させるので、外出時などは日焼け止めや帽子、日傘などを用いてしっかり対策をしましょう。

・優しいスキンケア
間違ったスキンケアが肝斑をできやすくしている場合もあるよう。洗顔やメイク、メイク落としなど日常のスキンケアは、皮膚を必要以上にこすらずに、優しく行いましょう。少しの刺激が肌にとっては大打撃。肝斑が作られやすくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

<肝斑の治療法>
気をつけていても、できる時にはできてしまう肝斑。では、もしできてしまった場合にはどんな治療法があるのでしょうか。

・トラネキサム酸の服用
肝斑治療で有名なのが「トラネキサム酸」。色素沈着抑制効果のあるアミノ酸の一種です。トラネキサム酸が配合された肝斑治療薬は皮膚科クリニックで処方してもらえるのはもちろん、薬局などで手軽に手に入れることもできます。

・漢方の服用
クリニックや薬局で肝斑について相談すると、漢方薬を薦められることも少なくありません。ホルモンバランスを整える作用がある加味逍遥散(かみしょうようさん)、血行を改善する桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが治療に用いられることが多いです。漢方治療は時間をかけて行う治療なので、即効性は期待できません。

・外用薬を塗る
「ハイドロキノン」という成分の含まれる塗り薬などの外用薬も肝斑治療に有効です。ハイドロキノンには、メラニン色素の生成を抑える働きがあり、症状が軽ければ効果が出るのにそれほど時間はかかりません。また、肝斑以外のしみやそばかすにも効果があるのも高ポイントです。

・レーザートーニング
レーザートーニングは主にクリニックなどで行う本格的な肝斑治療で、患部に比較的弱いレーザーを当てメラニンを減らしていく方法です。この方法はまだまだ新しい治療法。少し前までは、肝斑は摩擦などの外的刺激で症状が悪化すると考えられていたためレーザー治療は積極的に行われていませんでした。最近では波長が長く皮膚への負担が少ない「メドライト(Medlite)」と呼ばれる新型QスイッチYAGレーザーなどの医療レーザーを用いて、肝斑を悪化させずに治療できるようになり、治療を取り扱うクリニックも徐々に増えてきています。懸念要素でもあったダウンタイムもほとんどないため、しみ治療に時間がかけられないという方や治療に不安を持たれている方でも安心して施術を受けることができます。

ご紹介した治療法の中で、もっとも効果的なのがクリニックで行うレーザートーニングです。この方法は、今までしみ治療専用のレーザーでは消すことが困難とされてきた肝斑治療の救世主。気になる肝斑を少しでも早く治したい方は、今すぐ治療を開始しましょう。


クリニック選びのポイントとは?

治療を受けることを決めたら、クリニックを選ばなくてはなりません。
普通のしみと肝斑は似て非なるもの。肝斑と普通のしみは同時に発症している場合が多いのですが、先に肝斑の治療をしないと症状を悪化させてしまうこともあります。そのため、医師の診断がとても重要です。肝斑治療は信頼できるドクターにお願いしましょう。
また、レーザートーニングは美容クリニックで行える肝斑治療ですが、すべてのクリニックで受けられるわけではありません。また、肝斑治療が診療項目にあったとしても、内服薬やピーリングなどレーザートーニング以外の方法で行っている場合も多いので希望するクリニックの診療項目をしっかり確認する必要があります。
価格設定もクリニックによりかなり幅があり、1回当たり数万円単位で違う場合も。レーザートーニングは回数を重ねるごとに効果を発揮する治療なので、複数回の施術も見据えて適正価格だと思えるクリニックを選びましょう。そういう意味では、通いやすさも考慮した方がよいでしょう。

以上のようなポイントを踏まえ、渋谷でレーザートーニングをお考えの方におすすめなのがフェミークリニック渋谷院。
フェミークリニックは開院14年を迎えた実績豊富な人気の美容皮膚科クリニックです。しみ治療は60,000症例を超えており、新しい技術や知識も日々導入されています。カウンセリングや診察の丁寧さは口コミでも評判になっているほど。金額に関しても、部位ごとに細かく料金設定が示されており、薬代も料金に含まれるので安心です。
また、JR線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・田園都市線・副都心線・東急東横線・京王井の頭線の渋谷駅から徒歩3分とアクセスも良く、通院が負担になりません。
フェミークリニック渋谷院にはレーザートーニングを安心・安全に受けることができる環境が十分に整っています。肝斑の根本治療をお考えの方は、フェミークリニック渋谷院に相談してみてはいかがでしょうか。

渋谷でレーザートーニングを受けるなら渋谷フェミークリニック!